【無料で楽しめる】東京モーターショー2019へ行ってみた1

東京モーターショーで展示されていたGTR

東京モーターショーとは

東京モーターショーで展示されたスバル車

どんなイベント?

新型自動車や最新技術が搭載された自動車を集めた展示会です。

車好きはもちろん、まだ車に興味がない人も引き込まれる魅力いっぱいのイベントです。

いつやってるの?

東京モーターショー2019は、2019年10月24日(木)~11月4日(月)の12日間開催されました。

東京モーターショーは2年に1回開催されるので、次回開催は2021年です。

どこでやってるの?

東京モーターショー2019は、お台場(東京ビッグサイト、MEGAWEB)で開催されました。有明エリアと青海エリアの2つに分けられ、1日で全てを見て周るには大変な規模です。

無料で楽しめる

東京モーターショー2019には無料エリアが用意されました。最新技術に触れることができ、大人でも子供でも楽しめるエリアになっていました。

2~3時間あれば一通り無料ブースを見ることができます。今回は3つのおすすめコーナーを紹介します。

①バスケットのフリースローがほぼ100%入るロボット

東京モーターショーで展示されていたフリースローロボット

2020回連続フリースロー成功というギネス記録を持っているAIバスケットロボット”CUE”がフリースローの実演をしてくれます。

ゴールリングにも触れない、すっぽり入る正確なシュートを見せてくれました。思わず足を止めて見入ってしまうパフォーマンスです。

②財布やスマホいらずでコンビニ買い物

虹彩認証

専用アプリに自分の顔写真とクレジットカードを事前登録しておけば、財布もスマホもいらず、自分の顔だけで買い物ができるようになります。

今は、財布いらずでスマホだけで買い物できるようになりましたが、顔だけで買い物ができるようになったらもっと便利になりますね。

③VRを使った工場見学

VRを楽しむ女性

神戸にある液体水素を貯めておく工場の見学をVRで体験できます。実際には危険で足を踏み入れることができない水素タンクの上もVRなら見学することができます。

やっておけばよかった

2019東京モーターショーは閉幕してしまったので、次回2021東京モーターショーに向けた反省事項です。

平日の夕方に行けばよかった

行列に並ぶ人々
2019東京モーターショーは10/31(木)と11/1(金)に訪れましたが、どちらも昼間は激混みでした。各メーカーのブースは人が多すぎて最前列で見られなかったり、体験コーナーも60分以上待ちの長蛇の列でした。

木曜日の15:00以降は全て15分以内の待ち時間で体験することができたので、おすすめは平日(金曜日除く)の夕方以降です。