【7つのメリット】ロボット掃除機「ルーロ」を使ってみて

お掃除ロボットルーロ
ロボット掃除機「ルーロ RULO MC-RS810」を購入してから3ヵ月がたちました。
購入を検討している方に向けて、実際に使用したから分かるリアルな感想をご紹介します。

結論から言います

Panasonicのルーロ、1家に1台ほしい便利なロボット掃除機です。

 

ルーロのメリット

① 掃除の時間を短縮できる

週に1回、2LDKの部屋を30分費やして掃除機かけをしていましたが、ルーロが2日に1回起動しているおかげで、5分に短縮することができました。

ルーロ導入前後の掃除時間比較

ルーロを購入してからは、ルーロがどうしても入れないソファの下や行けないように設定してある玄関まわりを重点的に掃除しています。

人間がやるよりも正確にしっかりと掃除をしてくれるのでルーロを使用してからのほうが家が綺麗になりました。
また、家事に費やす時間を短縮し、自由に過ごせる時間を増やすことができました。

 

② 部屋の隅まで掃除してくれる

ルーロは三角形状のフォルムなので部屋の隅まで掃除ブラシが届きます。これがルンバとの一番大きな違いです。ルンバは丸形ですもんね。

 

③ 掃除ルートを自分で設定できる

ルーロが届いてからまずやること、それは家の部屋の間取りをルーロに覚えさせることです。

家に解き放たれたルーロは、内蔵のカメラやタイヤの回転数で部屋の大きさを把握し、部屋の間取り図を作ります。

ルーロが作成した間取り図画面

この間取り図をベースとして掃除の範囲を決めることができます。キッチンや階段付近など掃除してほしくない場所は範囲指定することができます。

  

④ ダストボックスの掃除が簡単にできる

ルーロの掃除が終わってから、ダストボックスのゴミをゴミ箱に捨てる必要があります。ダストボックスはワンタッチで簡単に外せるので、とても便利です。10秒もあればゴミ捨てまで完了できます。
ダストボックスに溜まったゴミを見て、ルーロの頑張りやありがたさを感じることができます。

  

⑤ 掃除のタイミングはスケジュール設定ができる

掃除のタイミングはスケジュール設定することができます。人間がいない間に掃除しておいてほしいので、私は平日の曜日指定で設定しています。

ルーロの稼働スケジュール設定画面
曜日ごとに設定ができるので頻度や時間を自分好みにアレンジできます。

 

⑥ ゴミの多い場所がわかる

ルーロは、掃除したゴミが落ちていた場所や量を記録することができます。

ルーロのゴミ累計マップ画面
間取り図のどの部分にゴミが落ちていたかを教えてくれるので、部屋の汚れている部分を知ることができます。

 

⑦ 掃除の結果をみることができる

ルーロの掃除が終わると、アプリでお掃除記録を見ることができます。

ルーロのお掃除記録画面
掃除の所要時間、場所、ゴミの量が確認でき、データを累積してゴミマップを作成することができます。

 

ルーロのデメリット

① 床に物が置いてあると掃除の範囲が狭くなる

ロボット掃除機が掃除してくれる場所は床です。従って、床に物が置いてあるとその部分は掃除してくれません。足の踏み場もないほど散らかってる部屋の掃除には向きません。
しかし、掃除の範囲を広くするために床に物を置く習慣がなくなり、片づける癖がつくようになりました。

 

② たまにサボる

ソファで横になる女性
ルーロはたまにサボります。お掃除記録を確認すると、行っていない場所があったりいつもより掃除時間が短いことがあります。ロボットなのにそこは気分屋なんです。

いつもは自分が家にいないときにルーロを動かしていますが、たまに平日休みで自分が家にいるタイミングでルーロが動くときがあります。そういう日に限っていつもより長い時間、隅々まで掃除するんです。頑張ってるでしょ と言わんばかりに。まるで人間です。
けど、そういうところがかわいいんです。憎めない。

 

購入前に気になっていたこと

音はうるさくないの?

内緒ポーズをする女性
ルーロが稼働しているときの音は、”静か”です。
もちろんウィィィィンというモーター音はするのですが、ハンディの掃除機よりも音は大きくありません。
マンションであれば、下の階や隣の部屋に響くことはないレベルです。

 

段差があるんだけど落ちたりしない?

ロボット掃除機は段差が苦手です。一定の高さを超える段差に直面すると昇り降りできなくなります。
しかし、ルーロは頭がいいんです。車輪が床から外れるとエラーを検知して、自動的に動作を停止します。なので階段の上から落ちたり、電池がなくなるまで動き続けるといった心配がありません。

さらに、ルーロは掃除の範囲を決めることができるので、玄関や階段付近など危険な場所は最初から行かないように設定することができます。

 

ルンバとどっちがいいの?

ルンバ
これは好み次第です。どちらもいい商品です。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、それを確認してからどちらを買うか検討するのがオススメです。
私は、三角のフォルムがかわいくてルーロを選択しました。

 

まとめ

以上、ルーロ RULO MC-RS810を実際に使用して感じたリアルな感想でした。

ロボット掃除機は私たちの知らないところで、ものすごく進化しています。こんなこといいな、できたらいいな がすでに実現されています。
今まで人間が時間をかけてやっていたことをロボットに任せる時代がもうすぐそこにあります。ロボット掃除機が一回に一台導入される日も近いはず。

頼れるところは頼って、より豊かな生活を送りましょう。