【億男】お金持ちが抱いている苦しみをあなたは知っていますか?【本の紹介】

札束の海

2015年本屋大賞で第10位を受賞した作品。4時間程度で読むことができるボリュームです。

作者の川村元気さんは、映画プロデューサーとしても活躍していて、モテキや寄生獣、バケモノの子も手掛けています。

こんな人に読んでもらいたい

・1等当選を夢見て宝くじを購入している人

・宝くじ1等に当選した人

・大金を手にした人間がどうなるか知りたい人

1等当選の3億円が盗まれた!!

ベンチで頭を抱える男性
偶然手にした宝くじが当選し3億円を手にした主人公 一男。

すぐさま大学時代の親友に相談したが、泥酔して寝ている間に持ち逃げされてしまった。

親友を探しながら様々な人と出会い、お金の本質を学ぶ一男。

はたして、一男は3億円を取り戻し、幸せな生活を手にすることができるのか。

あなたは3億円当たったらまず何をしますか?

ショッピングを楽しむ女性

すぐ誰かに連絡をしますか?次の日の仕事を休みますか?欲しいものを買い占めますか?

私は宝くじは購入していませんが、大金を手にしたいと思っている人間の一人です。

どうやって?を今模索しています。

お金持ちが抱く苦しみ

自らの頭に銃を突きつける男性
この作品は、あまり語られない”お金持ちが抱いている苦しみ”について書かれています。本当に欲しいものがなにか分からなくなり、人間らしい感情がなくなってしまうとのことでした。

私はお金持ちになることについてはいいイメージしか持っていませんでした。好きなものを食べて、好きな場所で好きなことをして楽しむ。

ですが、現実はそういうことばかりではないみたいです。大金を手にした本人、周りの人を含めて”人間は変わってしまう”ようです。

お金持ちに対するイメージが変わる一冊

床に座って本を読む女性

私はこの作品を読んで、お金持ちに対するイメージが少し変わりました。大金を手にすることで苦しむこともあるんだなと。

お金に惑わされ、物事の本質を見失うことがあると学ぶことができました。

ただ、大金を手にしたい という考えを改めるまではいきませでした。

主演 佐藤健×高橋一生で映画化

カチンコ

この作品は、2018年秋に映画化されています。

主演の佐藤健、高橋一生をはじめとし、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也、池田エライザ、黒木鼻といった超豪華な俳優陣がキャスティングされています。

本を読む前に映画を見ました。しかし、イマイチ。2時間の映画では作品の伝えたいことを理解することができませんでした。

お気に入りの俳優さん目当てで見れば楽しめるかもしれませんが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です