【最短2ヵ月!】Javaを短期間で習得する効率的な勉強方法

Javaを短期間で習得する効率的な勉強方法のアイコン画像

はてな子
Javaスキルを3ヵ月で習得したい!
Javaの勉強をどうやっていいか分からない

IT業界へ転職するためにJavaを勉強しようとした初心者が「3ヵ月でJavaスキルを身につけ、即戦力で働きたい!」と目標を立てたが、思ったよりも時間がかかって挫折してしまうケースは非常に多いです。

そこでこの記事では、初心者でも短期間でJavaスキルを習得できるように効率的なJavaの勉強方法を詳しく解説します。

この記事を読むと、
Javaを短期間で習得する効率的な勉強方法が分かり、最短2ヵ月でJavaスキルが身につきます

この記事を書いている私は大手企業でITエンジニアをしています。

大学時代にプログラミングと出会い、自分でゲームを作ったり、アプリを作ることで、自分のアイデアを形にする楽しさを実感しました。

その後、IT業界で1,2の売上を争う大手企業に就職。
現在は、20代で年収600万程度 稼いでいます。

Javaは難易度が高いプログラミング言語

悩む女性

Javaは、難易度が高いプログラミング言語です。

なぜJavaは難易度が高いのか?

それは、「オブジェクト指向」という初心者がブチ当たる高い壁があるからです。

オブジェクト指向とは、簡単にいうと効率的にプログラムを設計するための考え方です。

このオブジェクト指向という高い壁にブチ当たって、Javaの学習を挫折してしまった方を何人も知っています。

たんこぴ@ITエンジニア
私は大学でJavaを学習し、オブジェクト指向について教授に叩き込まれました
プログラミング言語 難易度
C++
C言語
Java
C#
Swift
Python
Ruby
JavaScript
PHP

こちらは、プログラミング言語ごとの難易度ランキングです。
見てわかる通り、Javaはプログラミング言語の中でもトップクラスの難易度であることが分かります。

Javaスキル習得にかかる学習時間の目安

Javaは難易度が高いプログラミング言語なので、スキル習得するまでに学習時間がかかります。

初心者は独学だと1000時間かかる

初めてプログラミング言語を学習する初心者の場合、独学で学習し、簡単なWEBアプリケーションを開発できるようになるまでに1,000時間かかると言われています。

1日8時間勉強できたとしても半年かかる計算です。

たんこぴ@ITエンジニア
平日は仕事をしながらJava学習を頑張ろうと思っている方はスキル習得までに1年以上かかります

私がおすすめしている「スッキリわかるJava入門」という参考書は、768ページあります。

Javaの基礎スキルを身につけるだけでも、それほどのボリュームが必要であるということがよく分かります。

初心者が読むべきJavaの本・参考書

スッキリわかるJava入門

出版日:2019/11/15

ページ:768 p

価格 :¥2,600+税

プログラミング経験があっても100時間かかる

どのプログラミング言語を経験しているかによりますが、COBOLやCなどの「オブジェクト指向」を取り入れている言語の経験者であっても、簡単なWEBアプリケーションを開発できるようになるまでに100時間かかると言われています。

以上のことから、Javaの学習には、一定時間を費やす覚悟が必要です。

たんこぴ@ITエンジニア
私は大学4年間かけて、初心者から簡単なWEBアプリケーションを開発できるようになりました

Javaの効率的な勉強法:インプット編(覚える、知識をつける)

最初に一から十まで覚える必要はない

大量の本

Javaスキルを短期間で身につけるためには、
最初に一から十までの全てを覚える必要はありません

なぜなら、十までの全てを覚えている時間がもったいないからです。

テキストやサンプルコードの全てを、一から十まで覚えようとすると、途中で行き詰まり、学習のモチベーションが下がります

Javaは、アウトプットしながら学ぶことがたくさんあります。
インプットの段階では、隅々まで理解しようとせず、「こういうものなんだ」という概要を理解する程度で問題ありません。

旅活リーマン
実際に私は、テキストを読む座学よりも、
コードを書いてアプトプットするときの方が、身につく知識は多かったです。

暗記をする必要は全くない

暗記するための単語帳

Javaスキルを短期間で身につけるためには、
暗記をする必要は全くありません

なぜなら、プログラミングの世界では、暗記をしていなくても分からないことは調べられるからです。

中学や高校教育では、勉強というと暗記を前提とした勉強法が一般的でした。
しかし、プログラミングは、数学のように公式は覚えておく必要はありません

パソコンを使ってコードを書いているので、分からないことがあれば、そのパソコンを使って調べられます。

旅活リーマン
実際に私は、Javaの構文を、すべて完璧に覚えていません。

言語によって変数の宣言方法や条件分岐の構文が微妙に違うので、いちいち全てを覚えていられません
よく使うものだけは頭に入っていますが、あとは毎回調べています。

分からないことはGoogleで調べる

googleで検索

Javaスキルを短期間で身につけるためには、
分からないことがあったらGoogleで調べましょう

なぜなら、Googleには、Javaのノウハウがたくさん詰まっているからです。

仕事ができるITエンジニアは調べるのが得意です。

あなたがITエンジニアとして働くのであれば、自分がほしい情報を、早く正確に手に入れることは、仕事で一番必要とされる能力です。

プログラミングを学習していく中で、分からないことを早く正確に手に入れる”検索力“を鍛えておきましょう。

旅活リーマン
実際に私は、分からないことは毎回Googleで検索しています。

分かりやすくまとまっているサイトはお気に入りに登録し、次回の調査時間を短縮できるようにしています。

Javaの効率的な勉強法:アウトプット編(書く、発信する)

とにかくコードを書いてみる

コードを書くプログラマー

Javaスキルを短期間で身につけるためには、
とにかくコードを書いてみましょう

なぜなら、分からなくても前に進むクセがつくからです。

エラーが出てもいいからとりあえず書いてみて、ビルドする。
エラー文を見て、修正し、またビルドする。
この繰り返しが重要です。

「まずはテキストで関数を覚えて」というやり方だと、分かったつもりになってしまい、実際にコードを書くときに何を書いていいか困ってしまうというケースがよくあります。

ここが、Java学習での落とし穴です。

旅活リーマン
実際に私は、初心者のころ、エラーで真っ赤になった画面と戦っていました。

最初は絶望を感じましたが、徐々にエラーを潰しこむことに快感を覚え、今では、ほとんどビルドエラーがないコードが書けるようになりました。

エラーを恐れずに、まずはコードを書いてみましょう。

分からなかったら答えを見る

ソースを見比べる画面

Javaスキルを短期間で身につけるためには、
いつまでも悩むのではなく、分からなかったら答えを見ましょう

なぜなら、悩んでいる時間がもったいないからです。

答えのコードを見て理解することも、Javaスキルを身につける重要な第一歩です。

自分で考える時間をあらかじめ決めておいて、できなかったら答えを見る。
答えのコードを理解すれば、力は充分につきます。

旅活リーマン
実際に私も、学習し始めのころは、答えのコードを見ながら自分の手で書き写すという勉強をしていました。

何も考えずにコピーするのではなく、一行一行、内容を理解することが大切です。

Javaの効率的な勉強法:レビュー編(復習する、振り返る)

復習は3回以上やる

復習チェックをしている紙

Javaスキルを短期間で身につけるためには、
復習は少なくとも3回以上やりましょう

なぜなら、体に覚えこませないと忘れてしまうからです。

一度書いたコードでも、日が経つと忘れてしまいます。
スキルを体に覚えこませるために、同じ課題のコードを2回、3回と繰り返し書くことが重要です。

旅活リーマン
実際に私も、1ヵ月前に書いた自分のコードを忘れていることがあります。

身についたスキルを人に教えてみる

プログラミングを教わる男性

Javaスキルを短期間で身につけるためには、
身についたスキルを人に教えてみましょう

なぜなら、人に教えることで自分の理解度を把握することができるからです。

うまく教えられなかったら、そこはまだあまり理解できていないことを意味します。
教えているなかで、自分でもあいまいに理解している部分を気づくことができます。

旅活リーマン
実際に私は、会社の新人さんに教えることで自分の理解力を把握しています。

専門用語は使わず、初心者でも理解できる言い回しで教えることを意識しています。

Javaの学習方法

Javaは独学でもプログラミングスクールでも学習できます。

独学で学習する

本とメガネとコーヒー

Javaは、参考書やWEBサイトを利用して独学で勉強することができます。

Javaを独学で勉強するメリットは下記の通りです。

メリット
  • お金がかからない
  • 自分のペースで学習できる

本・参考書であれば、1冊3,000円程度。
WebサイトはProgate(プロゲート)であれば無料で学習できます。

Java初心者が読むべきおすすめの本や参考書は、コチラの記事で詳しく解説しています。

さらに、決められた授業時間がないので自分の好きなタイミングで勉強をスタートできます。

しかし一方で、下記のデメリットがあります。

デメリット
  • スキル取得までに時間がかかる
  • 学習環境の準備がめんどくさい
  • 分からない部分が聞けない
  • 現場で使える実践スキルが身につかない
  • モチベーションを維持するのが難しい
  • 就職先を自分で探さなければいけない

オブジェクト指向を、自分ひとりの力で理解することは相当困難です。
したがって、壁にぶち当たったときサポートしてくれる先生がいてくれると助かります。

また、本・参考書やWebサイトではJavaの基礎を身につけることができますが、実践スキルを身につけることができません

IT企業に転職したり、個人で仕事を受注してフリーランスとしてお金を稼ぎたい方は、プログラミングスクールで実践力を身につけることをおすすめします

Javaを独学で勉強するメリットとデメリットはコチラの記事で詳しく解説しています。

プログラミングスクールで学習する

プログラミングを教える講師

Javaは、プログラミングスクールで勉強することができます。

Javaをプログラミングスクールで勉強するメリットは下記の通りです。

メリット
  • 現役エンジニアからプログラミングを学べる
  • 学習の状況を確認してもらえる
  • 分からないことは質問できる
  • 一緒に学習する仲間ができる
  • 就職・転職をサポートしてくれる

分からないところがあったときに、現役エンジニアから直接教えてもらえるのが最大のメリットです。

さらに、就職・転職をサポートしてくれるので、就職・転職活動を有利に進めることができます

プログラミングスクールは、無料体験があるので、入会前にスクールの様子を確認することができます。

Java初心者におすすめのプログラミングスクールの特徴や評判、無料体験の申込方法は、コチラの記事で詳しく解説しています。

しかし一方で、下記のデメリットがあります。

デメリット
  • スクール費用が高額
  • スクール通学がめんどくさい

プログラミングスクールは、費用が高いです。
費用相場は、だいたい20~40万円となっています。

また、スクールの場所が家から近ければいいですが、わざわざ車や電車で通うのはめんどくさく、移動時間がもったいないです。

Javaをプログラミングスクールで勉強するメリットとデメリットはコチラの記事で詳しく解説しています。

私がおすすめする学習方法はプログラミングスクール

分かれ道

私がおすすめする学習方法はプログラミングスクール1択です。

なぜなら、上述したプログラミングスクール学習におけるメリットがとても大きいからです。

Javaは難易度が高いプログラム言語のため、必ず壁にぶち当たります。
そんなとき、サポートしてくれる講師がいれば挫折することなく、学習を継続することができます。

また、独学に比べて学習期間を大幅に短縮することができます。
Javaにおける学習のポイントを把握した講師なので、要点を絞って必要なことだけに時間を使えるからです。

でも、スクール費用が高額だし、
通学がめんどくさいですよね

たしかに、プログラミングスクールは高額ですが、プログラミングスキルを身につければ、その費用は簡単に回収することができます。

世間的に需要の高いIT人材は、高収入高待遇の会社求人を見つけることができます。

今よりも年収が100万円上がれば、たった3ヵ月でスクール費用を取り返せます

今の仕事を転職をしなくても、副業としてプログラミングスキルを活用し、稼いでいる方も多数います。

従って、一時的には高額なお金を必要としますが、将来的にみると、その費用は安かったといえることがほとんどです。

たんこぴ@ITエンジニア
実質、”タダ”以上ですね

どうしても初期費用をかけたくない方は、無料でJavaを学習できるプログラミングスクールもあります。
GEEK JOBでは、最短2ヵ月で実践レベルのJavaスキルを身につけることができます。

通学については、オンライン型レッスンのスクールに通えば、自分の好きなタイミングで自宅はもちろん、外出先からもレッスンを受講することができます。

20~30代初心者向けオンライン型プログラミングスクールのメリットと注意点はコチラの記事で詳しく解説しています。

まとめ:Javaは最短2ヵ月で身につく

いかがでしたか?
この記事では、Javaを短期間で習得する効率的な勉強方法について解説しました。

Javaは、難易度が高いプログラミング言語です。

そのため、スキル習得するまでに学習時間が大幅にかかります。

簡単なWEBアプリケーションを開発できるようになるまでに、初心者なら1,000時間、他プログラミング言語の経験者でも100時間必要であると言われています。

Javaを学習するのには、一定時間かける覚悟が必要です。

そんなJavaですが、効率的に勉強をすれば、短期間で習得することができます。

たんこぴ@ITエンジニア
プロITエンジニアである私が実践した勉強方法です

まずインプット(覚える、知識をつける)するときには、下記の3点を意識しましょう。

  • 最初に一から十まで覚える必要はない
  • 暗記をする必要は全くない
  • 分からないことはGoogleで調べる

テキストやサンプルコードの全てを、最初に一から十まで覚える必要はありません。
また、中学や高校教育のような暗記を前提とした勉強法はやめましょう。
プログラミングの世界では、暗記をしていなくても分からないことはGoogleで調べられます。

たんこぴ@ITエンジニア
自分がほしい情報を、早く正確に手に入れることは、仕事で一番必要とされる能力です
実際に私は、仕事中も分からないことは毎回Googleで検索しています

次にアウトプット(書く、発信する)するときには、下記の2点を意識しましょう。

  • とにかくコードを書いてみる
  • 分からなかったら答えを見る

エラーを恐れずに、とにかくコードを書いてみましょう。
エラー文を見て、修正し、ビルドする。
この繰り返しが重要です。

分からない問題があったら、いつまでも悩むのではなく、答えを見ましょう。
答えのコードを見て理解することも、Javaスキルを身につける重要な第一歩です。

最後に、レビュー(復習する、振り返る)するときには、下記の2点を意識しましょう。

  • 復習は3回以上やる
  • 身についたスキルを人に教えてみる

復習は少なくとも3回以上やりましょう。
同じ課題のコードを2回、3回と繰り返し書くことが重要です。
そして、身についたスキルを人に教えることで自分の理解度を把握することができます。

Javaは独学でもプログラミングスクールでも学習できますが、私のおすすめはプログラミングスクールです。

プログラミングスクールは、独学に比べて学習期間を大幅に短縮することができます。
Javaにおける学習のポイントを把握した講師なので、要点を絞って必要なことだけに時間を使えるからです。

GEEK JOBというプログラミングスクールでは、最短2ヵ月で実践レベルのJavaスキルを身につけることができます。

Javaを習得することは簡単ではなく、時間と労力を必要としますが、それ以上の大きな価値があります

さあ、Javaの世界へ一歩踏み出してみましょう!

あなたにピッタリのプログラミングスクールを無料で探します

プログラミングスクールに入会しようか迷っているあなたに朗報です!

私が”無料で“あなたにピッタリのプログラミングスクールを探します。

私は10個以上のプログラミングスクールを徹底分析しているプロITエンジニアです。

プログラミングスクールは高額なので、絶対に失敗したくないと思います。
入会してから後悔しないように、一度相談してみませんか?

プログラミングスクール探しに必要な情報をメールで教えて頂ければ、お答えします。

STEP.1
問合せはコチラボタンをクリック
STEP.2
お名前(ペンネーム)を入力
本名ではなく、ペンネームでかまいません
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.3
メールアドレスを入力
入力したメールアドレスでのやり取りとなります
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.4
題名を入力
なんでもよいです
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.5
メッセージ本文を入力
年齢、住んでいる都道府県、学びたいプログラミング言語、プログラムを学ぶ目的、予算、現時点で迷っているプログラミングスクールを記載してください
※書きたくない、分からない項目は記載不要です
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.6
送信ボタンをクリック
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.7
完了