【デメリット多数】初心者がJavaを独学で勉強するメリットとデメリット

【プロが徹底分析】初心者がJavaを独学で勉強するメリットとデメリットのアイコン

はてな子
独学でjavaを学習するメリットってなに?
逆にデメリットは?
独学とプログラミングスクールどっちがおすすめ?

Javaの学習方法は独学プログラミングスクールの2種類ありますが、特徴を理解せずになんとなくで決めてしまった初心者が「学習方法が自分に向いていなかった」と勉強を始めてから挫折してしまうケースは多いです。

そこでこの記事では、初心者が自分にピッタリの学習方法が選べるように独学でjava学習するメリットとデメリットを紹介します。

この記事を読むと、
独学でjava学習するメリデメが分かり、自分にピッタリの学習方法を選べるようになります

この記事を書いている私は大手企業でITエンジニアをしています。

大学時代にプログラミングと出会い、自分でゲームを作ったり、アプリを作ることで、自分のアイデアを形にする楽しさを実感しました。

その後、IT業界で1,2の売上を争う大手企業に就職。
現在は、20代で年収600万程度 稼いでいます。

Javaは難易度が高いプログラミング言語

悩む女性

Javaは、難易度が高いプログラミング言語です。

なぜJavaは難易度が高いのか?

それは、「オブジェクト指向」という初心者がブチ当たる高い壁があるからです。

オブジェクト指向とは、簡単にいうと効率的にプログラムを設計するための考え方です。

このオブジェクト指向という高い壁にブチ当たって、Javaの学習を挫折してしまった方を何人も知っています。

たんこぴ@ITエンジニア
私は大学でJavaを学習し、オブジェクト指向について教授に叩き込まれました
プログラミング言語 難易度
C++
C言語
Java
C#
Swift
Python
Ruby
JavaScript
PHP

こちらは、プログラミング言語ごとの難易度ランキングです。
見てわかる通り、Javaはプログラミング言語の中でもトップクラスの難易度であることが分かります。

Javaスキル習得にかかる学習時間の目安

Javaは難易度が高いプログラミング言語なので、スキル習得するまでに学習時間がかかります。

初心者は独学だと1000時間かかる

初めてプログラミング言語を学習する初心者の場合、独学で学習し、簡単なWEBアプリケーションを開発できるようになるまでに1,000時間かかると言われています。

1日8時間勉強できたとしても半年かかる計算です。

たんこぴ@ITエンジニア
平日は仕事をしながらJava学習を頑張ろうと思っている方はスキル習得までに1年以上かかります

私がおすすめしている「スッキリわかるJava入門」という参考書は、768ページあります。

Javaの基礎スキルを身につけるだけでも、それほどのボリュームが必要であるということがよく分かります。

初心者が読むべきJavaの本・参考書

スッキリわかるJava入門

出版日:2019/11/15

ページ:768 p

価格 :¥2,600+税

プログラミング経験があっても100時間かかる

どのプログラミング言語を経験しているかによりますが、COBOLやCなどの「オブジェクト指向」を取り入れている言語の経験者であっても、簡単なWEBアプリケーションを開発できるようになるまでに100時間かかると言われています。

以上のことから、Javaの学習には、一定時間を費やす覚悟が必要です。

たんこぴ@ITエンジニア
私は大学4年間かけて、初心者から簡単なWEBアプリケーションを開発できるようになりました

Javaの学習方法

Javaの学習方法は、独学、プログラミングスクールの2パターンあります。

ここでは、独学とプログラミングスクールそれぞれのメリットとデメリットを徹底比較します。

独学で学習する

本とメガネとコーヒー

Javaは、参考書やWEBサイトを利用して独学で勉強することができます。

Javaを独学で勉強するメリットは下記の通りです。

メリット
  • お金がかからない
  • 自分のペースで学習できる

独学は少額のお金で勉強できることが最大のメリットです。

本・参考書であれば、1冊3,000円程度。
WebサイトはProgate(プロゲート)であれば無料で学習できます。

さらに、決められた授業時間がないので自分の好きなタイミングで勉強をスタートできます。

しかし一方で、下記のデメリットがあります。

デメリット
  • スキル取得までに時間がかかる
  • 学習環境の準備がめんどくさい
  • 分からない部分が聞けない
  • 現場で使える実践スキルが身につかない
  • モチベーションを維持するのが難しい
  • 就職先を自分で探さなければいけない

オブジェクト指向を、自分ひとりの力で理解することは相当困難です。
したがって、壁にぶち当たったときサポートしてくれる先生がいてくれると助かります。

また、本・参考書やWebサイトではJavaの基礎を身につけることができますが、実践スキルを身につけることができません

IT企業に転職したり、個人で仕事を受注してフリーランスとしてお金を稼ぎたい方は、プログラミングスクールで実践力を身につけることをおすすめします

プログラミングスクールで学習する

プログラミングを教える講師

Javaは、プログラミングスクールで勉強することができます。

Javaをプログラミングスクールで勉強するメリットは下記の通りです。

メリット
  • 現役エンジニアからプログラミングを学べる
  • 学習の状況を確認してもらえる
  • 分からないことは質問できる
  • 一緒に学習する仲間ができる
  • 就職・転職をサポートしてくれる

分からないところがあったときに、現役エンジニアから直接教えてもらえるのが最大のメリットです。

さらに、就職・転職をサポートしてくれるので、就職・転職活動を有利に進めることができます

プログラミングスクールは、無料体験があるので、入会前にスクールの様子を確認することができます。

気になるスクールがあったら、とりあえず無料体験を受けてみることをおすすめします。

たんこぴ@ITエンジニア
プログラミングスクールは高額なので入会後に後悔しないように必ず無料体験に参加しましょう

私のおすすめのプログラミングスクールは、コチラの記事で詳しく解説しています。

しかし一方で、下記のデメリットがあります。

デメリット
  • スクール費用が高額
  • スクール通学がめんどくさい

プログラミングスクールは、費用が高いです。
費用相場は、だいたい20~40万円となっています。

また、スクールの場所が家から近ければいいですが、わざわざ車や電車で通うのはめんどくさく、移動時間がもったいないです。

Javaをプログラミングスクールで勉強するメリットとデメリットはコチラの記事で詳しく解説しています。

Javaを独学で勉強する方法

Javaを独学で勉強する方法は、本・参考書を使うか、Webサイトを使うかの二択です。

本・参考書で学習

お気に入りの1冊

Javaは本や参考書を使って独学で勉強することができます。

参考書には、Javaの基礎が説明されています。
したがって、1冊をしっかりとやりこめば、Javaの基礎を身につけることができます。

たんこぴ@ITエンジニア
Javaの基礎を身につけると小学生や中学生の子供に対してプログラミングを教えることができるため、
塾の講師や家庭教師としてお金を稼ぐことができます

本屋さんに行くと分かりますが、どれにしようか迷うほど、多くのJavaの本・参考書が陳列されています。

その中から、正しい選び方で、自分のパートナーとなる最適な1冊を選びましょう。

本・参考書の選び方については、下記の記事で詳しく紹介しています。

Webサイトで学習

progateの画面

JavaはWebサイトを使って独学で勉強することができます。

おすすめのWebサイトはProgate(プロゲート)です。
なぜなら、Progate(プロゲート)は無料で学習できるサービスだからです。

「Javaってどんなものか触れてみたい」
「いきなりプログラミングスクールに入るのは怖い」
という方には特にオススメ。
初心者がプログラミングの基礎を身につけるために創られたサービスなので、挫折せずに学習できます。

Javaを独学で勉強するメリット

続いて、Javaを独学で勉強するメリットについてご紹介します。

お金がかからない

手の上に乗る貯金箱

Javaを独学で勉強する最大のメリットはお金がかからないことです。

本・参考書であれば、1冊3,000円程度。
WebサイトはProgate(プロゲート)であれば無料で学習できます。

プログラミングスクールは、費用相場が20~40万円なので大幅に違うことが分かります。

貯金を考えると数十万円を出す余裕がないという方は、まずはお金のかからない参考書やWebサイトから始めてみることをオススメします。

自分のペースで学習できる

成功へのステップアップ

Javaを独学で勉強するメリットは自分のペースで学習できることです。

決められた授業時間がないので自分の好きなタイミングで勉強をスタートできます。

また、自宅やカフェなど自分の好きな場所でいつでも学習できるので、スキマ時間を有効的に使うことができます

たんこぴ@ITエンジニア
家事の合間のスキマ時間やカフェで友達を待っている間など、ちょっとした空き時間に勉強ができます

Javaを独学で勉強するデメリット

続いて、Javaを独学で勉強するデメリットについてご紹介します。

スキル取得までに時間がかかる

時計を手にする人

Javaを独学で勉強するデメリットはスキル取得までに時間がかかることです。

少し勉強したことがある人は分かるかもしれませんが、プログラミングは難しいです。

全くの初心者だと学習するときのポイントを抑えるのが難しく、理解できるまで想像以上に時間がかかります。

1年かけてじっくり知識を取得したい方にとってはよいですが、半年以内には転職したい方や仕事をしながらスキマ時間で勉強する方には独学はオススメできません

学習環境の準備がめんどくさい

プログラミンのソースコード

Javaを独学で勉強するデメリットは学習環境の準備がめんどくさいことです。

Javaはノートとペンがあれば勉強できるものではありません。
パソコンを使って、実際に自分の手でソースコードを書いて処理を動かしてみることで身につきます。

処理を動かすためにはパソコンの事前設定が必要です。
どんなパソコンでも処理が動かせるわけではありません。

したがって、学習する前にまず学習環境を準備するところからスタートしなければいけません。

分からない部分が聞けない

悩む女性

Javaを独学で勉強するデメリットは分からない部分が聞けないことです。

先ほども説明した通り、プログラミングは難しいです。
何度も何度も壁にぶち当たりながら、その壁を乗り越えることでちょっとずつ理解していきます。

したがって、壁にぶち当たったときサポートしてくれる先生が必要です。

ひとりで悩み続けている時間はもったいないです。
勉強自体が嫌になってしまう可能性があるので、サポートしてくれる人がいることはとても重要になってきます。

現場で使える実践スキルが身につかない

スキル

Javaを独学で勉強するデメリットは現場で使える実践スキルが身につかないことです。

本・参考書やWebサイトではJavaの基礎を身につけることができます。

したがって、小学生や中学生向けの塾講師や家庭教師でお金を稼いだり、我が子の宿題を見てあげられるようにするレベルであれば問題ありません。

しかし、IT企業に転職したり、個人で仕事を受注してフリーランスとしてお金を稼ぎたい方にとっては不十分です。
実践スキルを身につける必要があります。

実践スキルは、自分でサービスを作ってみることで身につきます。
参考書の例題を理解するだけでは身につきません。

「自分の今の知識でどんなサービスが作れるのか」
「そもそも、どうやって作ればよいのか」
独学だと、全員がこのような悩みをもつことになってしまいます。
やはり、プロエンジニアのアドバイスが必要です。

モチベーションを維持するのが難しい

退屈なクマ

Javaを独学で勉強するデメリットはモチベーションを維持するのが難しいことです。

自分のペースで学習ができるがゆえに、ついつい自分に甘くなってしまい、なかなか勉強が進まない人いませんか?

たんこぴ@ITエンジニア
私もそうです

独学は、学習の状況や目標までのプロセスを自分でコントロールする必要があります。

就職先を自分で探さなければいけない

一人で道を進む

Javaを独学で勉強するデメリットは就職先を自分で探さなければいけないことです。

ひとくちにIT企業といっても、業務内容はさまざまです。

「自分のスキルで活躍できる企業はどこなのか」
「自分が将来やりたいことができるのか」

というのを自分で判断して就職・転職活動を進めるのは非常に困難です。

たんこぴ@ITエンジニア
就職・転職は人生の一大イベントなので失敗はしたくないですよね

デメリットを解決してくれるのがプログラミングスクール

ひらめき

上述で説明したデメリットを解決してくれるのがプログラミングスクールです。

プログラミンングスクールは下記のような学習支援をしてくれます。

  • 2~3ヵ月でJavaスキルが取得できる
  • 学習環境の準備はスクールで教えてくれる
  • 分からない部分はいつでも質問できる
  • 現役エンジニア講師に現場で使える実践スキルを教えてもらえる
  • マンツーマンサポートで学習モチベーションを維持してくれる
  • 自分のスキル、やりたいことに合った企業を紹介してくれる

したがって、初心者は特に、プログラミングスクールで学習することをオススメします。

プログラミングスクールで学習するメリットとデメリットはコチラの記事で詳しく解説しています。

さいごに:Javaの独学はお金がかからないことが最大のメリット

いかがでしたか?
本記事では、Javaを独学で勉強するメリットとデメリットについてご紹介しました。

Javaを独学で勉強すると下記のメリットがあります。

メリット
  • お金がかからない
  • 自分のペースで学習できる

Javaを独学で勉強する最大のメリットはお金がかからないことです。

プログラミングスクール費用の数十万円を出す余裕がないという方は、まずはお金のかからない参考書やWebサイトから始めてみることをオススメします。

また、独学は自分のペースで学習できるので、スキマ時間を有効的に使うことができます。

一方で、下記のデメリットがあります。

デメリット
  • スキル取得までに時間がかかる
  • 学習環境の準備がめんどくさい
  • 分からない部分が聞けない
  • 現場で使える実践スキルが身につかない
  • モチベーションを維持するのが難しい
  • 就職先を自分で探さなければいけない

Javaを独学で勉強する最大のデメリットはスキル取得までに時間がかかることです。
Javaはプログラミング言語の中でも難易度が高いので、分からない部分があったときにサポートしてくれる先生が必要です。

また、独学では現場で使える実践スキルが身につきません。
IT企業に転職したり、個人で仕事を受注してフリーランスとしてお金を稼ぎたい方は、即戦力として働けるように実践スキルを身につける必要があります。

そんなデメリットを解決してくれるのがプログラミングスクールです。
プログラミンングスクールは下記のような学習支援をしてくれます。

  • 2~3ヵ月でJavaスキルが取得できる
  • 学習環境の準備はスクールで教えてくれる
  • 分からない部分はいつでも質問できる
  • 現役エンジニア講師に現場で使える実践スキルを教えてもらえる
  • マンツーマンサポートで学習モチベーションを維持してくれる
  • 自分のスキル、やりたいことに合った企業を紹介してくれる

Javaを習得することは簡単ではなく、時間と労力を必要としますが、それ以上の大きな価値があります

さあ、Javaの世界へ一歩踏み出してみましょう!

あなたにピッタリのプログラミングスクールを無料で探します

プログラミングスクールに入会しようか迷っているあなたに朗報です!

私が”無料で“あなたにピッタリのプログラミングスクールを探します。

私は10個以上のプログラミングスクールを徹底分析しているプロITエンジニアです。

プログラミングスクールは高額なので、絶対に失敗したくないと思います。
入会してから後悔しないように、一度相談してみませんか?

プログラミングスクール探しに必要な情報をメールで教えて頂ければ、お答えします。

STEP.1
問合せはコチラボタンをクリック
STEP.2
お名前(ペンネーム)を入力
本名ではなく、ペンネームでかまいません
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.3
メールアドレスを入力
入力したメールアドレスでのやり取りとなります
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.4
題名を入力
なんでもよいです
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.5
メッセージ本文を入力
年齢、住んでいる都道府県、学びたいプログラミング言語、プログラムを学ぶ目的、予算、現時点で迷っているプログラミングスクールを記載してください
※書きたくない、分からない項目は記載不要です
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.6
送信ボタンをクリック
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.7
完了