【Java習得後の転職講座】初心者のためにITエンジニアへの転職方法を徹底解説

【Java習得後の転職講座】初心者のためにITエンジニアへの転職方法を徹底解説のアイコン

はてな子
ITエンジニアに転職したい!
選考試験の採用確率を上げる方法は?

Javaを学習してスキル習得したのはいいが「どうやって転職活動を始めてよいか分からない」と最初の一歩で悩んでしまうケースは非常に多いです。

そこでこの記事では、転職が初めての人でも迷わずに転職活動が始められるように転職するまえの心構えから選考試験の採用確率を上げる方法まで詳しく解説します。

この記事を読むと、
転職するまえの心構えや転職方法が分かり、今すぐ転職活動が始められます

この記事を書いている私は大手企業でITエンジニアをしています。

大学時代にプログラミングと出会い、自分でゲームを作ったり、アプリを作ることで、自分のアイデアを形にする楽しさを実感しました。

その後、IT業界で1,2の売上を争う大手企業に就職。
現在は、20代で年収600万程度 稼いでいます。

ITエンジニアは稼げる仕事

スキルがお金になる

ITエンジニアを仕事にすると高収入が期待できます

なぜなら、時代がプログラミングできるIT人材を求めているからです。

たんこぴ@ITエンジニア
私は20代で年収600万円、30代で年収700万円稼いでいます

近年、人工知能(AI)IoTロボットなど最先端のIT技術サービスが増える一方で、その技術を扱える人材は年々不足しています。

経済産業省は、2020年には、日本で36万9000人のIT人材が不足。2030年までに、約55万人に達するだろうと予測しています。

たんこぴ@ITエンジニア
国も2020年度から小学校でプログラミング教育を必修化するなど 対策を急いでいます

そのような背景から、今よりもIT人材の需要が増え、プログラミングというスキルを持っていることにより、高収入、高待遇の会社求人を見つけることができます

ITエンジニアへ転職するまえに知っておきたいこと

続いて、ITエンジニアへ転職するまえに知っておきたい4つのことを紹介します。

  • プログラミング言語によって求人の数が違う
  • プログラミングだけがITエンジニアに必要な能力ではない
  • IT業界への興味を持ち続けなければいけない
  • ITエンジニアとして働く覚悟が重要

順を追って丁寧に解説していきます。

プログラミング言語によって求人の数が違う

プログラミング言語

ITエンジニアへ転職するまえに知っておきたいことの、まず1つ目は、プログラミング言語によって求人の数が違うということです。

プログラミング言語の需要ランキング

こちらの統計は、TIOBE Softwareの公式サイトから引用したプログラミング言語の需要(検索ニーズ)ランキングです。

たんこぴ@ITエンジニア
ランキングの上にあれば上にあるほど需要が高いプログラム言語です

見てわかる通り、C言語やJavaは需要が高い

基本的に、需要が高いプログラミング言語の方が求人が多く、スキルを身につけた人材を多くの企業が欲しがります。

プログラミングだけがITエンジニアに必要な能力ではない

プログラミングを教える先生

続いて、ITエンジニアへ転職するまえに知っておきたいことの2つ目。
プログラミングだけがITエンジニアに必要な能力ではないということです。

ITエンジニアになるためには、プログラミング言語のスキルさえ身につけておけばよい
と思われがちですが、そうではありません。

コミュニケーション能力が非常に大事です。
お客さん(クライアント)が相手の仕事をチームで開発していくためには、以下のスキルが必要となってきます。

  • クライアントが困っていることをヒアリングする
  • 問題解決の方法を相手にわかりやすく提案する
  • 開発の状況をチームメンバに伝える
たんこぴ@ITエンジニア
ITエンジニアとして活躍していくためには、コミュニケーション能力も身につけていないといけません

IT業界への興味を持ち続けなければいけない

IT業界への興味

続いて、ITエンジニアへ転職するまえに知っておきたいことの3つ目。
それは、IT業界への興味を持ち続けなければいけないということです。

IT業界への興味?

IT業界は変化が多い業種です。
技術の発展や新しいサービスなど、常に進化し続けています。

スマートフォン、人工知能など10年前は想像していなかった技術や製品が、今は当たり前のように使われています。

そんな業界だからこそ、興味を持ち続け、新しい知識を習得しなければいけません。

たんこぴ@ITエンジニア
自分の知識を最新化し、時代に置いていかれないようにするのが大切!

ITエンジニアとして働く覚悟が重要

パソコンへのやる気

最後に、ITエンジニアへ転職するまえに知っておきたいことの4つ目。
それは、ITエンジニアとして働く覚悟が重要ということです。

ITエンジニアは稼げますが、大変な仕事です。
現役のITエンジニアである私が言うのだから間違いありません。

特に大変だと感じるのは以下の3点です。

  • 納期を守らなければいけない
  • クライアントとのコミュニケーション
  • 日々勉強

システム開発にトラブルはつきものなので、昨日までうまくいっていたスケジュールもトラブルで急に崩れることがあります。
そんなときは、納期を厳守するために残業でリカバリすることが多いです。

たんこぴ@ITエンジニア
ほかの業種と比べると、ITエンジニアは残業時間が多いのが特徴です

クライアントからは、困っていることをうまく聞き出し、問題解決するためのシステムを開発する必要があります。
コミュニケーションがうまくできず解釈を誤ってしまうと、クライアントにとって全く役に立たないシステムを作ってしまうことになります。

そして、上述したようにIT業界への興味を持ち続け、日々勉強する必要があります。
第一線で活躍するプロのITエンジニアを目指すには勉強は不可欠です。

プログラミングスキルを使った稼ぎ方

スキルがお金になる

プログラミングスキルを身につけると以下の方法でお金を稼ぐことができます。

  • ITエンジニアとして働く(企業)
  • ITエンジニアとして働く(個人)
  • プログラミングを教える
  • 自分のサービスを開発する

プログラミングスキルを身につけた後にお金を稼ぐ方法として、まず一番初めに頭に浮かぶのが、IT企業に就職してエンジニアとして働くことじゃないでしょうか?

現在は、ITスキルをもった人材の需要が増えているので、高収入、高待遇の会社求人を見つけることができます

フリーランスとして働く場合は、企業で働くITエンジニアよりも高い報酬で仕事をすることができます。

たんこぴ@ITエンジニア
企業で働くITエンジニアの報酬は、そのほとんどが会社に持っていかれてしまいます

あとは、プログラミングが必須化となる小中学生にプログラミングを教えたり、自分のサービス・アプリを作成し、販売することでお金を稼ぐことができます。

プログラミングスキルを使った稼ぎ方については、コチラの記事で詳しく解説しています。

選考試験の採用確率を上げる5つの方法

IT業界について理解する

WEBサイトのアプリを選ぶ人

選考試験の採用確率を上げるには、IT業界について理解しておきましょう。

転職するうえで、業界のことを理解しておくのはとても大事です。
以下2つのメリットがあります。

  • 自分の将来像がイメージしやすくなる
  • 自分のスキルが活かせるポイントが見つかる

この先どのようにIT業界が発展するかを理解することで、自分の将来像がイメージしやすくなります。
面接では、「会社に入って何に取り組みたいか」という質問が必ずされます。
自分の将来像をより具体的に説明できれば、採用担当者に良いイメージを与えられること間違いなしです。

また、学習してきたスキルやこれまでの自身のキャリアを転職先でどのように発揮できるか というポイントが見つけ出しやすくなります。
「自分はこんなスキルがあるので、店少くしてからこのように活かすことができます」と説明できれば、大幅に採用確率は上がります

アピールするための実績を作る

本を広げた机

選考試験の採用確率を上げるには、アピールするためのプログラミング実績を作りましょう。

「私はJavaのスキルを持っています」というだけでは、スキルレベルが伝わりません。

じゃあ、どうやって伝えたらいいの?

学習したスキルを使って、WEBサイトやアプリケーションを作ってみましょう。

これらを作って見せることで、採用担当者にプログラミングスキルをアピールすることができます。

たんこぴ@ITエンジニア
作ったものの評価だけでなく、自分で主体的に取り組む姿勢や熱意、やりきるチカラもアピールポイントです

転職後のなりたい自分を明確にする

ガッチリと握手するビジネスマン

選考試験の採用確率を上げるには、転職後のなりたい自分を明確にしましょう。

先ほども説明しましたが、面接では、「会社に入って何に取り組みたいか」という質問が必ずされます。

企業は、入社後も向上心を持って仕事に取り組んでくれる人材を探しています。

転職後のビジョンを具体的に説明できれば、「なりたい自分をしっかり持っていて、それに向けて主体的に仕事をしてくれるだろう」という良い印象を与えることができます。

職務経歴書や履歴書対策をする

試験を解く人

選考試験の採用確率を上げるには、書類選考の対策をしましょう。

職務経歴書や履歴書による書類選考は、どこの企業でも最初の難関となります。

例えば、職務経歴書は、自分の経歴をもらさず記載すればいいというものではありません。
書類選考を有利に進める、「書き方のポイント」というものが存在します。

ポイントを押さえた書類の書き方を事前に知っておくことで、書類選考をパスできる確率が大幅に上がります。

面接対策をする

企業の面接

最後に、選考試験の採用確率を上げるには、面接の対策をしましょう。

面接は、選考試験における最大の難関です。

面接には、事前に対策する必要のある項目がたくさんあります。

  • 企業へ訪問時の基本的なマナー
  • 服装・髪型などの身だしなみ
  • 心構え
  • 受け答え

入社させるべきか否かが決まる大事なステップのため、入念な準備が必要です。

私のおすすめはプログラミングスクール経由の転職

以上を踏まえて、私はプログラミングスクール経由の転職をおすすめします。

なぜなら、3つのメリットがあるからです。

メリット
  • 自分にマッチした求人が見つかる
  • 企業採用試験に向けた対策ができる
  • スクール卒業後すぐに働ける

就職・転職支援があるプログラミングスクールは、自分にあったIT企業へ就職・転職する1番の近道です。

プロのキャリアアドバイザーは、あなたのスキルや将来やりたいことを考慮した求人探しから、転職活動を有利に進めるための採用試験対策まで徹底的にサポートしてくれます。

また、自分がプログラミング学習に集中して取り組んでいる間に、キャリアアドバイザーが転職活動を進めてくれるので、スクール卒業後すぐに働くことができます

就職・転職支援があるプログラミングスクールのメリットと注意点については、コチラの記事で詳しく説明しています。

まとめ:「Java習得後の転職講座」のおさらい

いかがでしたか?
この記事では、初心者向けのJava習得後の転職講座を紹介しました。

Javaを習得し、ITエンジニアへ転職するまえに下記の4つのことを心得ておきましょう。

  • プログラミング言語によって求人の数が違う
  • プログラミングだけがITエンジニアに必要な能力ではない
  • IT業界への興味を持ち続けなければいけない
  • ITエンジニアとして働く覚悟が重要

ITエンジニアの選考試験は、採用確率を上げる方法があります。

  • IT業界について理解する
  • アピールするための実績を作る
  • 転職後のなりたい自分を明確にする
  • 職務経歴書や履歴書対策をする
  • 面接対策をする

自分が希望する会社へ入社するために、必ずポイントを押さえておきましょう。

上記ポイントは、プログラミングスクール経由で転職すれば簡単に押さえられます。
就職・転職支援があるプログラミングスクールは、自分にあったIT企業へ就職・転職する1番の近道です。

自分にマッチした求人が知りたい
Java習得後すぐに働きたい

という方には特におすすめです。

Javaを習得することは簡単ではなく、時間と労力を必要としますが、それ以上の大きな価値があります

さあ、Javaの世界へ一歩踏み出してみましょう!

あなたにピッタリのプログラミングスクールを無料で探します

プログラミングスクールに入会しようか迷っているあなたに朗報です!

私が”無料で“あなたにピッタリのプログラミングスクールを探します。

私は10個以上のプログラミングスクールを徹底分析しているプロITエンジニアです。

プログラミングスクールは高額なので、絶対に失敗したくないと思います。
入会してから後悔しないように、一度相談してみませんか?

プログラミングスクール探しに必要な情報をメールで教えて頂ければ、お答えします。

STEP.1
問合せはコチラボタンをクリック
STEP.2
お名前(ペンネーム)を入力
本名ではなく、ペンネームでかまいません
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.3
メールアドレスを入力
入力したメールアドレスでのやり取りとなります
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.4
題名を入力
なんでもよいです
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.5
メッセージ本文を入力
年齢、住んでいる都道府県、学びたいプログラミング言語、プログラムを学ぶ目的、予算、現時点で迷っているプログラミングスクールを記載してください
※書きたくない、分からない項目は記載不要です
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.6
送信ボタンをクリック
プログラミンフスクールの相談問合わせフォーム
STEP.7
完了