【これが本場の味】イタリアでイタリアン食べつくしてみた

パスタ

Piccolo Arancio/ローマ

トレビの泉から歩いて2分の場所にあるイタリアン専門店。

旅活リーマン
細い路地の奥にひっそりとあるのでなかなか見つけづらい
オープン前からお店の前に並んでいたので、店員さんには開店準備を急がせてしまいましたが、快く接客してくれました。

Piccolo Arancioのペスカトーレ

ペスカトーレ

魚介類がたっぷりなので、とにかくパスタソースの旨味がすごい!
トマトとの相性も抜群で日本人の口にも合う

旅活リーマン
これが本場イタリア!最高の逸品でした!
Piccolo Arancioのモッツァレラチーズサラダ

モッツァレラチーズサラダ

甘いプチトマトとモッツァレラチーズ、苦めの草で綺麗に彩られたサラダ

旅活リーマン
さっぱりしているので濃厚パスタと一緒に食べるのがオススメ

トリップアドバイザーで定休日や営業時間をチェック

pasqualino al colosseo/ローマ

コロッセオから歩いて4分の場所にあるイタリアン専門店。

店員さんに頼むと日本語メニューを持ってきてくれますが、直訳されているだけなので結局分かりません。

旅活リーマン
ホームページやインスタグラムの写真を見せて注文すれば大丈夫
pasqualino al colosseoのカチョエペペ

カチョエペペ

チーズ好きにはたまらない一品。
平たいもちもち麺に濃厚なチーズがこれでもかと絡んできます。

ワインとの相性が抜群のパスタです

pasqualino al colosseoのボンゴレ

ボンゴレ

アサリがふんだんに使われていて、アサリ出汁の旨みがパスタソースにぎっしり詰まっています。塩味と旨味のバランスがちょうどよく、麺にしっかりと絡みつきます。

にんにくが効いていて、日本人の口に合うあっさりパスタでした。

トリップアドバイザーで定休日や営業時間をチェック

la carbonara/ローマ

カルボナーラ発祥のお店として観光情報誌るるぶで取り上げられている有名店。

日本人からの人気がすごく、お客さんの3割ほどは日本人でした。

開店15分前から並んでいたのですが、予約客にどんどん抜かされあっという間に満席に。

旅活リーマン
お店に直接電話予約してから行くことをオススメします
la carbonaraのカルボナーラ

カルボナーラ

元祖カルボナーラということで期待値が高すぎたからかもしれませんがイマイチ。

濃厚なチーズが塩辛く、食べすすめるにつれてくどさを感じました。

麺もパサパサしていて、日本で食べるカルボナーラの方がおいしい。

旅活リーマン
でも、本場の味を楽しめたから満足!
la carbonaraのピスタチオとプチトマトのパスタ

ピスタチオとプチトマトのパスタ

濃厚なピスタチオの風味とプチトマトの酸味がマッチしたパスタ。細かく砕かれたピスタチオがパスタソースに絡み合い、存在感バツグン!
麺は平たいもちもち麺でした。

トリップアドバイザーで定休日や営業時間をチェック

lo Sfizio/ピサ

ピサの斜塔から歩いて10分の場所にあるイタリアン専門店。

ストレット通りというイタリアの古い街並みが楽しめる小路の中にお店があります。

外のテーブル席で街並みを見ながら食べるのがオススメ

lo Sfizioのサーモンクリームのペンネ

サーモンクリームのペンネ

サーモンの身が多めに使われている濃厚クリームソース。彩りを加えるため、ほうれん草も入っています。

ペンネは歯ごたえ強めで、表面の溝にパスタソースが絡み合う

lo Sfizioのエビとズッキーニのニョッキ

エビとズッキーニのニョッキ

海老の旨味がパスタソースに溢れ出し、プチトマトやズッキーニなど夏野菜との相性がとてもよい。少ししょっぱい味付けですが、一緒に頼んだエスプレッソコーヒーが中和してくれました。

旅活リーマン
ニョッキはもっちもちで食感がクセになります

トリップアドバイザーで定休日や営業時間をチェック 

ピザ

Anni Cinquanta/ローマ

ローマで食べれるナポリピザのお店として観光情報誌るるぶで取り上げられている有名店

外のテーブル席は、イタリアの街を感じながら食事ができます。

旅活リーマン
店員さんはフレンドリー。店内のおしゃれな雰囲気とマッチしていてかっこよかった。
Anni Cinquantaのマルゲリータ

マルゲリータ

ナポリ風ピザなので生地はもちもちで柔らかい。一枚が大きいので、二人で分けてちょうど良いサイズ感

トマトソースの酸味が強く、フレッシュさを感じました。こんがり焼けたチーズとの相性は抜群です。

トリップアドバイザーで定休日や営業時間をチェック

サンドウィッチ

手作り/現地スーパー

イタリア現地スーパーの食材で作ったサンドウィッチ

サンドウィッチ

現地スーパーで、パンと生ハムとモッツァレラチーズを買って作ったサンドウィッチ。

火も包丁も使わないので、簡単に作ることができます。

現地ならではの食材を使うので、特別感がありますよ。

旅活リーマン
イタリアのスーパーに売っているパンは全部固くてパサパサ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です