【大手企業勤務のプロが解説】文系出身はITエンジニアになれるのか?

【大手企業勤務のプロが解説】文系出身はITエンジニアになれるのか?のアイコン

はてな子
文系出身だけどITエンジニアになれるの?
ITエンジニアになるためにどんなことをすればいい?
そんな悩みをお持ちの、文系出身のあなたへ

この記事を読むと
文系出身の方がITエンジニアになるための方法が分かります

文系出身のあなたがITエンジニアになるためには以下の3ステップが必要です。

  1. 学習する言語を選ぶ
  2. スキルを身につける
  3. 就職活動をする
旅活リーマン
一つひとつ丁寧に解説しているので参考にしてください

この記事を書いている私は大手企業でITエンジニアをしています。

大学時代にプログラミングと出会い、自分でゲームを作ったり、アプリを作ることで、自分のアイデアを形にする楽しさを実感しました。

その後、IT業界で1,2の売上を争う大手企業に就職。
現在は、20代で年収600万程度 稼いでいます。

文系出身でもITエンジニアにはなれます

崖を跳び越える男性

文系出身だけどITエンジニアになれるの?

という悩みをよく聞きます。

結論から言うと、

文系出身でもITエンジニアにはなれます

なぜなら、私は大手企業のITエンジニアをしていますが、周りに文系出身の同僚がたくさんいるからです

感覚的には全体の約5分の1が文系出身者ですが、理系出身者と同じように仕事をしています。

ITエンジニアは、プログラミングスキルさえあれば、文系理系関係なく活躍することができる職業です。

では続いて、文系出身のあなたがITエンジニアになるために必要なステップをご説明します。

ITエンジニアになるための3ステップ

文系出身のあなたがITエンジニアになるためには以下の3ステップが必要です。

  1. 学習する言語を選ぶ
  2. スキルを身につける
  3. 就職活動をする

一つずつ丁寧に解説します。

学習する言語を選ぶ

プログラミング言語

まず最初に、学習するプログラミング言語を選びましょう

プログラミングを学習すると一口で言っても、プログラミングには言語がたくさんあります。

その中からまずは、自分が学びたい言語を選ばなければいけません。

このとき選ぶ基準としては、自分がなりたい職種で必要な言語を選択することです。

  • ウェブデザイナー :HTML,CSS,JavaScript
  • アプリエンジニア :Java,C,C#
  • AIエンジニア :Python
・・・
旅活リーマン
理系出身者は、自分の好きな言語を選ぶことができません
学ぶ言語は大学のカリキュラムや教授の好みに左右されます
私の大学ではひたすらにC言語を学習することがカリキュラムになっていました

スキルを身につける

ニュースキルの看板

次に、選んだ言語を使いこなせるレベルまで学習しましょう

独学でもスクールに通ってもいいですが、最終的にはなにか簡単な作品が作れるようになるとよいです。

それが自分のチカラ(戦闘能力)を測る基準となります。

旅活リーマン
ここが、文系と理系で変わってくる最大のポイントになります
理系は授業の中で学習できますが、文系は自分で時間を見つけて学習する必要があります

プログラミングを短期間で身につける方法は下記の記事で紹介しています。

就職活動をする

企業の面接

最後に、身につけたスキルを武器に就職活動をしましょう

このとき、自分のチカラ(戦闘能力)がどれくらいであるかをアピールする必要があります。

そのため、こういう機能を持ったWebサイトが作れます。この資格を持っています。と言える準備をしておきましょう。

各言語で持っておくと良い資格の一部を紹介します。

  • HYML,CSS :CIW HTML5 & CSS3・スペシャリスト,Webクリエイター能力認定試験
  • Java :Javaプログラミング能力認定試験,Oracle Certified Java Programmer
  • C :C言語プログラミング能力認定試験
  • Python :Pythonエンジニア認定試験
・・・
旅活リーマン
採用する企業側は、学習に取り組むあなたの姿を見てくれているわけではありません
学習の成果は分かりやすい形で伝えましょう

文系出身の方はプログラミングスクールがおすすめ

プログラミングを教わる男性

ここまで、文系出身の方がITエンジニアになるために必要なステップについて紹介してきました。

もちろん、独学で勉強し、就職活動をして採用されれば、ITエンジニアとして活躍することができます。

しかし、プログラミングを習得することは簡単ではなく、時間と労力を必要とします

そこで私は、プログラミングスクールに通うことをオススメします

なぜなら、ITエンジニアになるための3ステップを全てサポートしてくれるからです。

プログラミングスクールは、費用相場が20~40万円と決して安くはありませんが、

プログラミングスキルを身につければ、
その費用は簡単に回収することができます

世間的に需要の高いIT人材は、高収入高待遇の会社求人を見つけることができます。

今よりも年収が100万円上がれば、たった3ヵ月でスクール費用を取り返せます

今の仕事を転職をしなくても、副業としてプログラミングスキルを活用し、稼いでいる方も多数います。

従って、一時的には高額なお金を必要としますが、将来的にみると、その費用は安かったといえることがほとんどです。

旅活リーマン
実質、”タダ”以上ですね

それでは、ITエンジニアになるためにプログラミングスクールがしてくれるサポート内容についてご紹介します。

学習する言語のアドバイスをくれる

黒板を指差す女性

プログラミングスクールでは、学習する言語を選ぶときに、アドバイスしてくれます。

自分ひとりでも、なりたい職種に合わせて言語を決めることができますが、プログラミングスクールでは、その言語の特性や需要も合わせて教えてくれます。

旅活リーマン
自分ひとりで学習する言語を決める場合、選んだ後に本当にこれでよかったのか不安になることがあります
スクールの講師にアドバイスをもらうことで、学習に集中することができます

学習支援をしてくれる

プログラミングを教える講師

プログラミングスクールでは、分かるようになるまで徹底的に学習を支援してくれます。

プログラミングは難しいです

学習していると、分からない部分が必ず出てきます。
独学で勉強していて、分からない部分が発生し、テキストを読んでなんとなく分かったような気になり、先に進めてしまい、さらに大きな沼にはまって挫折してしまう といったケースが非常に多くあります。

理系出身者は大学の教授や先生に教えてもらいながら学習をします。

不明点をすぐ誰かに質問できる環境があることはとても大事です。

旅活リーマン
プログラミングスクールの中にはオンラインでチャットを使って自宅でもカフェでも早朝でも深夜でも質問ができるスクールがあります
分からないときにすぐ解決ができるので、分からないまま次に進めることがありません

就職活動を支援をしてくれる

面談をする男性

プログラミングスクールでは、プロのキャリアカウンセラーが就職活動を支援してくれます。

まずは、スクールにきている求人の中から、あなたのスキルに合った優良企業を紹介してくれます。

旅活リーマン
プログラミングスクールには、通常の求人サイトよりも多くの求人があります
スクール卒業生は決められたカリキュラムをしっかり学習しています
企業側はスキルを身につけた人材を確保したいので、プログラミングスクールに多くの求人を出します

そして、履歴書・職務経歴書の添削や面接トレーニングなど採用が決まるまで就職活動をサポートしてくれます。

旅活リーマン
企業への採用確率が上がる履歴書・職務経歴書の書き方を教えてくれます

また、転職へ向けてのポートフォリオ(作品集)作りのアドバイスをしてくれるので、就職活動を有利に進めることができます

旅活リーマン
スクールで作成した作品(Webサイト)は、面接のときに実績としてアピールできるので他の応募者よりも採用確率があがります

まとめ:文系出身でもエンジニアで稼げる

文系出身でもITエンジニアになれます。

なぜなら、私は大手企業のITエンジニアをしていますが、周りに文系出身の同僚がたくさんいるからです。

そして、文系出身のあなたがITエンジニアになるためには以下の3ステップが必要です。

  1. 学習する言語を選ぶ
  2. スキルを身につける
  3. 就職活動をする

独学で勉強し、就職活動をして採用されれば、ITエンジニアとして活躍することができます。

しかし、私はプログラミングスクールに通うことをオススメします。

なぜなら、ITエンジニアになるための3ステップを全てサポートしてくれるからです。

ただ、スクールに入会する前に、必ず体験レッスン等を受けてみましょう。
大抵は無料で受けることができます

楽しく継続的にプログラミングを学習するためにも、自分に合ったプログラミングスクールを選びましょう!